安全確実に行える中絶手術|負担も少ない最新技術

肝心となる時期

妊娠中絶手術は、いつでも行える手術ではありません。行える時期として妊娠22週未満とされています。22週を過ぎた場合、母体の外で生存可能な個別の人として認定されてしまうため、中絶を行うことができなくなってしまうのです。さらに、中絶手術では安全に手術が行える時期というものも細かく定められており、一般的に安全に行えるとされているのが妊娠12週までとされています。12週までの赤ちゃんはまだ小さな胎児であるため、専用の器具を使用して安全に出すことができるのです。12週を超えた場合、中期中絶とされており、胎児も大きくなっていることから手術の負担も大きくなるため、多くの産婦人科などのクリニックでは、12週までである初期中絶期間の手術を推奨しているのです。

中絶手術を行う場合、多くの人が長い時間を掛けて悩むこととなるため、中絶手術を決断した時、すでに胎児が大きく成長しているという事態にもなる場合があります。もしも決断が遅れ、中期の中絶手術となった場合、母体にも大きな影響が与えられるため、中絶手術は安全に手術が行える12週を超えない内に決断しましょう。中絶不可能となる22週を超えた場合、出産と育児を行う義務が発生します。赤ちゃんを産んだ後育てきれないからと赤ちゃんを捨てて逃走してしまう母親もよくニュースになりますが、赤ちゃんを捨ててしまい、その赤ちゃんが死んでしまった場合、殺人と死体遺棄によって刑事罰を受ける可能性もあるため、中絶手術はよく考え、しかし早い決断が必要となります。早めの決断がよいと言っても限度があり、妊娠に気づける5週目などで中絶を行う場合、胎児も小さすぎるため、満足な手術が行えない事もあります。クリニックによっては中絶手術を満足に行えるまで成長させてから手術を行う所もあるため、胎児が育つ周期は非常に重要なことなのです。

↑ PAGE TOP