安全確実に行える中絶手術|負担も少ない最新技術

肝心となる時期

中絶手術は、妊娠12週以降は母体にも大きな影響が与えられるため、クリニックではそれ以前の時期での手術を推奨しています。12週前の状態は初期中絶と呼ばれ、母体の負担も少ないため、安全に中絶を行えます。

Read More...

異なる手術法

中絶手術は、初期中絶であれば吸引法やソウハ法が用いられ、中期中絶であれば強制的に陣痛を行わせる分娩による方法を行います。中絶手術の方法は母体へのリスクが高いため、初期の状態での手術が適切と言えます。

Read More...

落ち着いて受診できる

予期せぬ妊娠をした時には、精神的や身体的にも負担が大きくなります。そこで安心して受診することができるクリニックを選ぶことで少しでも負担を軽減することができます。患者さんの事を考えているクリニックを選びましょう。

Read More...

必然性のある手術

事前にネットで問診を記載してからの中絶を東京で受ける事が可能です。初診や期間が空いた人向けに、ネット上で受付けるサービスとなっています。

現在では中絶手術を行う女性の割合が大きくなっています。中絶手術を行う理由というものはさまざまありますが、最も大きな要因となるのが、収入による問題であり、子どもを育てられる金銭の余裕がないという人がこうした中絶手術を希望するのです。子どもは成長するとたくさんの養育費を必要とします。食べ物やおむつ、着用する衣服などの費用は大きな負担となるほか、乳児を育てるとなれば普段の仕事も行うことができなくなるため、ある程度の金銭の蓄えがなければ、赤ちゃんを育てることはできないのです。中絶手術は、およそ10万円から15万円の費用で受けることができます。金銭的な余裕のない人でも、周囲の人からお金を借りることで集まる金額であるため、赤ちゃんを育てるよりは安価で利用することができるでしょう。中絶手術は心身に大きな負担を与えるものとなるため、手術前には必ずカウンセリングを行い、手術を行うべきか否かをきちんと決めておく必要があるのです。

中絶手術は、現在では特定の宗教団体などからも激しく非難されており、また一般の人も教育ビデオなどによる中絶のリスクを知らしめる内容を見たことにより、行うことは非人道的であるという論調で語る人も多くいます。しかし、実際に産んで育てるのはこうした人ではなくあくまで母親です。人によっては赤ちゃんを幸せに育てられる金銭的余裕や精神状態、または身体的な余裕を保持していない人もいるため、場合によっては中絶を行う事も必要となるのです。出産をすることで母体も生命の危機となる状態であれば行うのも道理であり、また金銭的余裕がなければ、栄養状態も悪く赤ちゃんにストレスを与える結果となりますし、赤ちゃんが病気になった際にも治療費を支払う事もできないでしょう。子育てを行うことを恐れている人などは、赤ちゃんを生んだ後もストレスにより、うつ病や心身症などを発症させ、赤ちゃんへのDVや無理心中などの問題を誘発させる可能性があります。多角的に状況を把握し、どうやっても赤ちゃんを幸せに育てることができないと判断した場合、中絶手術はある意味で赤ちゃんのためを思った手術とも言えるでしょう。

↑ PAGE TOP